FC2ブログ
ギャラリーたまごnoたまご
「たまご」のひとりごとあれこれ。
プロフィール

tamago66

Author:tamago66
児童画家
えいこ・いのうえ



お問い合わせ

お問い合わせ、ご連絡は下記からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


miss hokusai
先週朝日の全面3ページぐらいの広告を見て
杏の映画と思っていた。
が北斎の娘お栄を書いた杉浦日名子の
百日紅が原作の映画だった。
この監督原恵一が原作が素晴らしくて
と言っていたので原作を読みたいと
市立図書館に電話をして百日紅はありますか?
担当の方が・・・しばらくして所蔵しておりませ~ん。
そっか?とPC検索すると漫画ってわかったの~
それでアニメーションか?
5月9日から全国ロードショーなのに
盛岡ではやってな~い。
そこでさるすべり上下刊を本屋さんで買う。
ちょうど携帯の不具合があってSHOPへ行ったので
隣の書店に駆け込んだらあったんです。
あとがきが夢枕獏さんだった。
どうして日名子さんは漫画を描かなくなったんだろう
と書いているから日名子さんがご存命のころの文章だった。
この百日紅も賢治のようにヒットするのでしょうか・・・?
うちの子供たちも読んでみたい!貸してといってきた。
どうしよう・・・。迷っている~。迷うよー!

ぶらぶら美術館
先日の再放送がルーブル美術館だった。
国立新美術館の学芸員の解説がみごとだった。
フェルメールの天文学者をみたとき、わたしは
アクリル板に入っていたけどハーグで見たときは
どうだっけ~ぐらいだもんね。ところが
絵の中においてある書物の解説をしていた。
お部屋が変わると今度は中野京子さんが
ムリーリョの少年の絵とフランソワ・ブーシェの
お尻をだしてる絵画のかいせつだった。
どんだけ中世ヨーロッパを研究してんだ?
と感心をした。
PCを検索するとぶらぶら美術館・博物館が
たくさん検索できた。新刊がでたばっかりと
TVの解説の通りルーブル展も編集されていた。
HPのなかには解説がまちがってる~とか
素人くさいという指摘もあった。
日テレとしては、学芸員向けの番組を作る
つもりはないようだ
そのぐらいの解釈だと、楽しめるかも。

言葉とイメージ
とてもシュールレアリズムがすき!ぐらいでは書けない
ルネ・マグリット展マグリット美術館印刷の葉書が
来ていたけどこの美術館2009年ベルギー王立美術館の
一角に出来た美術館だったとか。あれだけの作品を
アトリエで管理していたなんて~
マグリットという人は案外目立たないフツーの生活を
送っている。それは、「目に見える思考」といって
超幻想だったりしないアート。そこがこれだけの人気を博している
のだと思う。翌日検索すると出てこないHPがあったり
やはりSHOPで画集買うべきだった。
私が買ってきたシーツを被ったような男女
それが1928の「恋人たち」だった。
この作品だってお母さんが1912に入水自殺をとげたとき
パジャマで顔が覆われていたとか
この自殺もキリストの顔につばを吐いてみろ!といわれて
近くの池に飛び込んでしまったなんていつか読んだけど・・・
これオフレコかも。息子マグリットよりキリストだったの?
それもシュウルー。その悲しみから6年後に描いたのが「恋人たち」?
パリに出てキリコの「愛の歌」に涙が止まらなかったと・・・。
その作品がみたかった。それも画集!買わなかった~
マグリットのイメージにつかった「ゴルゴンダ」は完成されすぎている
でも「天空の筋肉」はどんな作品だったかな~。
これぐらいのタイトルがつけられる作品をかきたいよね~と
娘と話していたところだった。
1936にはNYで個展で1965には近代美術館で
1992にはメトロポリタンで回顧展
このマグリット展は京都へ巡回?行けないな~。



VOCA展
40歳までの公募展は気になるので上野の美術館の
DMをたよりに書いてみよう
いつもそうだけど予備知識なしで鑑賞する
それでもその日は、上野の虫のような花見客に圧倒
されて・・・鑑賞がいい加減になった。
引き上げてから気になっていた作家をパソコンで
検索しているけど・・・みつからなかった。
でも気に入った作家榮水亜樹さん
に出会えた。
大賞奨励賞など受賞者はかんたんにわかる。
また選者の選考理由なんかも読める。
支持体と絵の具の合体だとか言うけど
どういうこと?だもんね。
はじめに鑑賞者に訴えるものを描いてほしい。
はじめに高度な技術でもいいけれど
訴える力がなくなってしまったら
可能性もなんにもないよね。
平面の可能性を拓く公募展だとか~
2016のVOCA展も楽しみにしたい。

ウンターリンデン美術館
さっきBSでコルマールをみていた。
市街はクリスマスのようだった。
コウの鳥は人間より正確だなどといいながら
家族でワインを呑むところなんか写し出されていた。
ここの美術館がいいと聴いたのでTVのあと検索をすると
ドミニコ女子修道院だったところを美術館にしたという
回廊のある大きな美術館が公式のHPに紹介されていた。
イーゼンハイムの祭壇画が家具調の額装にはいっていた。
あんまりコルマールを訪ねた人のブログを読んでいると
作者のことは検索できなかった。ドイツの画家グリュ-ネバルト
デュラーと同じころの画家で宮廷画家だったけれど
ドイツの農民戦争のときルター派についたので公職をとかれ
その後絵を描くこともなかったと・・・本名でないだとか20Cまで
忘れられていたなんてあった。どこに収蔵されていたの?
この祭壇画は前編と後編があるそうです。
それからコルマールには自由の女神の作者バルセルディー
がいてその作品がコルマールには点在するそうです。
ますます出かけてみたいコルマールです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。