ギャラリーたまごnoたまご
「たまご」のひとりごとあれこれ。
プロフィール

tamago66

Author:tamago66
児童画家
えいこ・いのうえ



お問い合わせ

お問い合わせ、ご連絡は下記からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヴァロットン展
日曜美術館がヴァロットン展だった。三菱1号館美術館には
すばらしいHPができていてタイトルもいい。
裏側の視線・・・なるほどスイス生まれのヴァロットンは
インテリだった。パリに移ってからはルーブルに入り浸って
ホルバイン・デュラー・アングルと傾倒したとか。
HPの中にはオルセー・オランジュリー美術館総監督の
メッセージがあった。風変わりな画家の様式が
どうやって作られていったのかそれを鑑賞してみたい。
イメージを部屋の中で再構築する風景だとか
相当の写実力がないと・・・伝わらないと思うのですが
ゲストの角田光代さんには伝わっていた。
スポンサーサイト

ヤゲオ財団
また日経で「アートの価値を考える」を読んだ
国立近代美術館のこの展覧会はどこかで紹介していた。
今日の記事にはサンユウの作品が紹介されていたので
検索するとAPAのホテルが出てきたりスーパーが出てきたり
これはこの財団の台湾資本なのかな?
ヤゲオ財団のCEOピエール・チェンはアルバイトしたお金を
貯めて絵を買ったそうだけど相当好きじゃないと買えないよね~
アルバイトのお金なんてすぐなくなるし・・・。
それが電子部品メーカーのCEOだし~
コレクションの決め手はアートとともに生活する作品とか
最近ではコレクションを模写しているとか~
パリで貧困のままなくなったというサンユウを
もっと知りたいしCEOのことも
8月24日までに近代美術館にいってみた~い







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。