FC2ブログ
ギャラリーたまごnoたまご
「たまご」のひとりごとあれこれ。
プロフィール

tamago66

Author:tamago66
児童画家
えいこ・いのうえ



お問い合わせ

お問い合わせ、ご連絡は下記からどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


奇縁まんだら
先週の日曜日コンビニで日経を買った。

寂聴さんの曼荼羅はボーヴォワールだった。
154回なんてよく連載されるもんですね。
天台寺住職をされているころ
母を連れて浄法寺町天台寺へいった。
そのとき母は感激してお布施をあげていた。
するとあの甲高い声で「おばあちゃんわたしと
おんなじ歳よ!がんばりましょう~」なんて言っていた。
じゃ87歳?母は7年も前に他界した~。
寂聴さんは、お元気なもんです。
この記事ボーヴォワールが日本に来たころの
お話をかいている。
ボーヴォワールの堕胎の自由を説いた講演には
日本の女流作家さんはあっけにとられてい様子だった…。
そこでサルトルとボーヴォワールの実存主義を
検索するとまるで共感できるものでした。
実存を生きる!なんてね。
スポンサーサイト

ヘンライのアメリカ
1880年代のアメリカは凄い

まず印刷技術が木版から
あっという間に4色のオフセット印刷へ以降する
それと同じにビジュアルアートが全盛となり
多くの作家はイラストレーターとして活躍するか
油絵に専念するかの選択だった。
なるほどイラストレーターがいやなんだよねなんて
自分もビジュアルアートの出身なのに
そんなことを言っていた事を反省する。
アメリカのこの時代が無かったら
日本の「ヘタウマ」もなかったでしょう(笑)

その時代のヘンライはただ美術教育に熱中し
なかなかのカリスマ教師だったそうです。
そこからビジュアルかしないホッパーがでたんですね~。





画家たちのアメリカ
この本が図書館にありました。
さっそくロバート・ヘンライのところにひとっとび。
そのまえにアンドリューワイエスに立ち寄ると
ワイエスってジョンFケネディーと同年!
ずっと昔の人かと思っていた。
初個展も20歳、そのとき完売したそうです。
モダンアートの専門ギャラリー
マクベスギャラリーだったとか 
7章の巻頭にホッパーへの手紙が載っていた。
沈黙の絵画の力に敬意を表しますと。
そのホッパーの先生のヘンライも読んでみま~す。



イースタレーション作家
家のギャラリーにもよそのギャラリーから
DMが届くようになりました。
そのときの案内文に○○氏はイースタレーション作家
でございますとあった。
現代美術家でないの?
イースタレーションはどっからどこまでが
商品なの?とか単純な疑問がある。
思想を売るのだから形が無い!
売らなくてもいいの?
そいう問題じゃなくて破各でなければいけない!
案内状を見たときにわかる!のは
だめなんじゃない?
いいだすときりがない(笑)
ちょいとイースタレーションから
離れるけれど
村上隆のベルサイユ展
宮殿でカイカイと発表してはいけない!と
フランス人からクレームがあったとか
なんか村上隆の場合
早いモン勝ちみたいなところがあって
どれだけ金かけたかみたいなところがある。
したがって硬派のフランス人は
ぼんやりしてた。そんなとこかな?
実名で描いちゃったけど達磨さんの顔して
おこんないといいな・・・村上さん!

丸の内スタイル
なるほど三菱一号館美術館
ランキング1位の方のブログを拝見すると
つぶさにわかる。
丸の内が変わったころNYの5番街みたいに
綺麗になったもんだと歩いた。
その後この美術館へは行っていない。
でもcafe1894は出掛けてみたい。

もう少し前のブログには
背の高いソフトクリーム140円
がのっていた。花巻は近い!
絶対行ってみたい。
芸術の秋 岩手県立美術館友の会では
十和田市立美術館日帰りツアーを
企画しているようです。


アシュカン スクール
この学校またしらない
10年も前福島県立美術館に
エドワードホッパーが観たいとでかけた
ことがある
検索していると100年も前の作家で
ホッパーの先生はロバート ヘンライで
アシュカンスクールの先生
アシュカン派とはゴミ箱派なんだって
そこで「アメリカの画家たち」を読んで見ようと
すると品切れだった(新潮社)

この本にたどり着けるかわかんないけれど
アートに到達していない作品をわたしは
ゴミ箱派といいたい!!!それって生き様

とにかくエドワード ホッパーはいい







ストイックなゴッホ
そのぐらいしか理解していなかったゴッホ
また10秒美術館へお邪魔をすると
よく使う黄色は 印刷やポスターにも耐えられる
色を意識していたなんて
案外フツーな事をおっしゃるゴッホ!
そういえばオランダ生まれの牧師さん志望のゴッホでしたね~。

オーベルシュール・ワォールの教会をかいたころの
あの枚数たるや やはりフツーじゃない!!!!

ちょいとダリへもいってみましたが
こちらも全部時間をとかしてしまって
フツーじゃない。




モンドリアン
なるほど「コンポジション赤 青 黄」
そぎ落とされた造形 だ。
また10秒美術館にお邪魔をして
都市の 赤 青 黄
現代美術のことを考えてしまった。

ジャスパージョーンズもそうだけど
透徹した造形!そういうものでないと
ヒトの心を討たないとおもった。

このごろの美術家さんが発表する作品は
現代美術なんだけど何考えてんの?
とダイレクトにこない作品が多い
現代がそうなのかな?
摩訶不思議な世の中では
作品もそぎ落とせない?なんてね。






カルバン派
それってなんだろう?
ランキングでいつもお尋ねするのが10秒美術館。
「3行のコメント」というけれどいつも絶妙なんです。
わたしが3行のコメントを書き上げたとしたら
それは嘘になってしまう!
そのくらい語彙がたりないからです。
モジリアニのときもお尋ねしたけど今夜はモンドリアンだった。

灰色の木・・・からモンドリアンの抽象が展開していたなんて、
それからオランダ人でNYに移住なんてこともしらなかった。
そういえばハーグの美術館には
モンドリアンの作品がたくさんあった。なるほど・・・
代表作ブロード・ウェイ・ブギ・ウギは晩年の作品なんですね。
ハイカラだぐらいしか知らなかった。
もうみんなの中で記号化されている作家なんだね。それってすごい!
ミッキーやスヌーピーやそんな感じ?
それとはちょいとちがう!現代美術だから。
これからオランダの歴史検索をはじめよう・・・。

ヒトブタ
なんと話しってすすんでいるんだろう!
そのまえに ひとはなぜ 結婚するのか?
それはね モテまくりの男が何不自由なく暮らす奴と
全くもてない男が不自由に暮らすのをバランスよくしてるのが
結婚なんて簡単にいうとそのようですが
社会学的にいうと人間の子供だけが親場離れまでに
かなりの時間を要するから・・・だとか。
日本だけがそうなのかは わからないが
婚外子をやたらに認めない風潮がアル!
スエーデンでは 生命の尊重を考えた時 中絶はゆるされない!
そこで未婚の母が多い!
子供は片親では(育つけれど) 育たないと
考えた時ぐらつくけれど・・・生命の尊重は大切。
この安全保障のような結婚を契約にしたり
もっと楽にすればいい!子供も登録制にするとか。
そこで考えられたのがヒトブタらしい。
代理母なんていわずにブタに出産してもらう方法なそうです。


マイケル・サンデス教授
ハーバード大学教授で「これからの「正義」の話をしよう」(早川書房)の著書がある。
TVでハーバード白熱教室をみたばかりだった。ところが11時ごろTVの前に座っていられる
主婦はいないでしょう。そこでこの本がほしいとおもっているところ。
なにしろ哲学的な問答で 簡単そうでむずかしい(笑)
「善良な生活」とは何かを考えることなしに、正義や自由に定義を与えることはできない。
とこのようにむずかしいのです~。
先日から適当に読んでいる本が社会学講義(初級)
このなかの ひとはなぜ、結婚するのか? 寝る前に適当に読む本なんだけど
おもしろかった。美術ネタがなかったので 次回も社会学でいきます(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。